COVID-19の流行は暖かくなると収束する?新型コロナウイルス最新情報

COVID-19の流行は暖かくなると収束する?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)はインフルエンザと違って、暖かくなっても収束に向かう可能性は低いことが、復旦大学(中国)のYe Yao氏が主導した研究で示された。詳細は「European Respiratory Journal」4月9日オンライン版に発表された。

米国科学アカデミー(NAS)の専門家らも、同団体のプレスリリースで「気候的には夏を迎えているオーストラリアやイランといった国々でも感染が急速に広がっていることを考慮すると、気温や湿度が上昇しても感染者数が減ることはないだろう」との予測を示している。

NASの専門家らは、「実験室での研究では、気温と湿度の上昇に伴い新型コロナウイルスの生存期間が短縮することが示されている」と述べる一方で、気温や湿度以外にも、ヒトからヒトへの新型コロナウイルス感染に影響を与え得るさまざまな要因があることを強調している。

Yao氏らは、COVID-19が流行した中国224都市における1月上旬~3月上旬のデータに基づき、毎日の気温と紫外線量、湿度の変化と新型コロナウイルス感染との関連について調べる研究を実施。湿度と紫外線レベルを調整して解析した結果、気温が上昇しても、新型コロナウイルスの感染拡大能力は変化しないことが分かった。また、気温と湿度で調整して解析した場合も、紫外線の量により感染率が変わることはなかった。

Yao氏は「われわれの研究では、高い気温や紫外線量がCOVID-19の感染拡大を抑え得るとする仮説を支持する結果は得られなかった。現時点では、暖かくなればCOVID-19の感染者数が減ると考えるべきではないだろう」と説明している。こうした特徴は、2012~2013年に流行した中東呼吸器症候群(MERS)に類似していると、同氏らは指摘する。流行当時、アラビア半島では、気温が華氏113度(摂氏45度)まで上昇したにもかかわらず、MERSの感染拡大は続いていた。

ただし、Yao氏らは、今回の研究結果が確定的なものではないことを強調しており、「今後、より長期の追跡期間で、より幅広い範囲の気温との関係を調べる研究を行う必要がある」としている。

しかし、希望も残されている。Yao氏らも説明しているが、寒い季節には上気道感染症の患者が増えるが、暖かくなるにつれて感染者数は減る。その明確な理由は不明だが、複数の要因が考えられるという。例えば、夏になって日照時間が増えると人々のビタミンDレベルが上昇し、免疫システムが活性化する可能性があること、また、日光の紫外線がインフルエンザや一般的な風邪の原因となるウイルスを死滅させる可能性があることなどだ。さらに、夏には学校が休みになる国が多く、小児の間で感染が広がりにくくなることも感染の抑制に寄与している可能性があるという。

この報告を受けて、米ロング・アイランド・ジューイッシュ・フォレスト・ヒルズの感染症専門医Miriam Smith氏は、COVID-19の感染拡大の勢いを最終的に弱めるのは、気候以外の要因だろうとするYao氏らの見解に同意を示している。その上で、「集団免疫の獲得や科学的根拠に基づく有効な治療法の導入、ワクチンの開発が実現するまでは、引き続きソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)が感染拡大を阻止するための重要な戦略になるだろう」と話している。

原著論文はこちら
Liu W、et al. Chin Med J (Engl). 2020 Feb 28. [Epub ahead of print]

引用元 : Care Net COVID-19の流行は暖かくなると収束する?

COVID-19肺炎、最大の悪化因子は喫煙歴か

喫煙歴が、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID-19肺炎)の最大のリスク因子かもしれない。今回、中国湖北省・華中科技大学のWei Liu氏らは、78例の入院症例における予後別の背景因子を調査した。Chinese Medical Journal誌オンライン版2020年2月28日号に掲載。

本研究は、2019年12月30日~20年1月15日に、武漢の3つの3次病院に入院し、PCR検査で新型コロナウイルス陽性となった患者が登録された。個人データ、臨床検査値、画像所見、臨床データが収集され、統計解析された。患者は臨床タイプによって悪化群と改善・安定群に分類され、ロジスティック回帰分析により、疾患進行のリスク因子を調べた。

主な結果は以下のとおり。

・COVID-19肺炎患者78例が登録された。
・入院2週間後の状態評価では、11例(14.1%)が悪化し、67例(85.9%)が改善・安定していた。
・悪化群は、改善・安定群と比較して有意に年齢が高かった(中央値:66歳[四分位範囲(IQR):51~70] vs.37歳[同:32~41]、U=4.932、p=0.001)。
・悪化群は、喫煙歴のある患者が有意に多かった(27.3% vs.3.0%、x2=9.291、p=0.018)。
・最も一般的な初期症状は発熱で、入院時の最高体温は、改善・安定群と比較して悪化群のほうが有意に高かった(中央値:38.2℃[IQR:37.8~38.6] vs.37.5℃[同:37.0~38.4]、p=0.027)。
・呼吸不全に陥った患者の割合(54.5% vs.20.9%、x2=5.611、p=0.028)と、呼吸数(中央値:34回[IQR:18~48] vs.24回[同:16~60]、U=4.030、p=0.004)も、改善・安定群より悪化群が有意に多かった。
・CRPは、改善・安定群と比較して悪化群で有意に上昇した(中央値:3.89mg/dL[IQR:14.3~64.8] vs.1.06mg/dL[同:1.9~33.1]、U=1.315、p=0.024)。
・血清アルブミンは、改善・安定群よりも悪化群で有意に低かった(36.62±6.60 vs.41.27±4.55g/L、U=2.843、p=0.006)。
・悪化群の患者は、人工呼吸器などの呼吸補助を受ける可能性が高かった(x2=16.01、p=0.001)。
・多変量ロジスティック分析によると、年齢(オッズ比[OR]:8.546、95%信頼区間[CI]:1.628~44.864、p=0.011)、喫煙歴(OR:14.285、95%CI:1.577~25.000、p=0.018)、入院時の最高体温(OR:8.999、95%CI:1.036~78.147、p=0.046)、呼吸不全(OR:8.722、95%CI:1.942~40.000、p=0.016)、アルブミン低値(OR:7.353、95%CI:1.098~50.000、p=0.003)、CRP高値(OR:10.530、95%CI:1.224~34.701、p=0.028)が、疾患進行のリスク因子だった。

本研究で特定されたCOVID-19肺炎の予後に対するリスク因子は、今後の疾患管理に役立つ可能性がある。

原著論文はこちら
Liu W、et al. Chin Med J (Engl). 2020 Feb 28. [Epub ahead of print]

引用元 : Care Net COVID-19肺炎、最大の悪化因子は喫煙歴か
お申し込みはこちら