新型コロナウイルスのワクチンを「数カ月」で完成させる
英研究チームが挑む史上最速の量産への道のり新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルスのワクチンを「数カ月」で完成させる
英研究チームが挑む史上最速の量産への道のり

新型コロナウイルスのワクチンの開発に、いま世界中の科学者たちが取り組んでいる。こうしたなかオックスフォード大学の研究チームが、史上最速ともいえる数カ月というスピードでワクチンを完成させる難題に挑んでいる。秋までに100万本を量産するという目標を、研究チームはいかに達成しようと考えているのか。

世界保健機関(WHO)は2018年、パンデミック(世界的大流行)を引き起こす危険性が高く、最優先で研究開発を進めるべき感染症のリストに「疾病X(Disease X)」を加えた。疾病Xとは、ほかの感染症とは異なる未知の伝染性疾患のことを指す。

この「X」という文字は、現時点では人間での発症が確認されていないが警戒が必要な病原体を意味する。新型コロナウイルス(正式名称は「SARS-CoV-2」)は、まさにこれに相当するものだ。わたしたちはいま、疾病Xが実在する世界を生きていることになる。

新型コロナウイルスの存在が確認されてから、全世界の死者数は25万人を超え、多くの国でロックダウン(都市封鎖)が続いている。ワクチンがなければ流行を完全に止めることは難しい。そして英国では、記録的とも言える速さで開発が進んでいる。

実証プロジェクトとして開発がスタート

ワクチンが承認されるまでには、通常は何年もの時間がかかる。新型コロナウイルス感染症「COVID-19」のワクチンの開発は全世界で100件前後が進行中だが、このうちオックスフォード大学の研究チームは、今年9月末までに100万人分の製造を目指す方針を明らかにした。実現すれば人類史上で最速記録になることは間違いないが、成功するかどうかはまったくわからない。

現時点で臨床試験の段階まで進んでいるワクチンは、6種類しかない。オックスフォード大学のプロジェクトも、そのうちのひとつだ。同大学のワクチンでは、ラッサ熱や中東呼吸器症候群(MERS)のワクチンにも使われるアデノウイルスベクター(ChAdOx1)と呼ばれるウイルスベクターを用いている。

オックスフォード大学教授で開発プロジェクトを率いるサラ・ギルバートは、1月初めに武漢で新型コロナウイルスによる感染症が流行しているというニュースを耳にしたとき、チャンスかもしれないと考えたという。ギルバートは最近の記者会見で、次のように話している。

「興味をもちましたが、感染がどこまで広がるかはわかりませんでした。研究室の同僚と話し合って、『疾病X』を念頭に置いた実証プロジェクトとして、ワクチンの開発に取りかかることを決めたのです」

研究開始から3カ月で治験

中国当局は1月10日にSARS-CoV-2の完全なゲノム配列情報を公開したが、ギルバートのチームはその直後に研究に着手し、わずか3カ月後には「ChAdOx1 nCoV-19」と名付けられたワクチンの治験が始まった。第1相試験では550人にChAdOx1 nCoV-19、対照群としてやはり550人に髄膜炎および敗血症のワクチンをそれぞれ接種する。

英政府は、このワクチン開発に2,000万ポンド(約26億4,000万円)の助成金を交付することを決めている。200人のスタッフが交代で、オックスフォード、サウサンプトン、ブリストル、ロンドンの各試験センターを訪れる被験者の血液を採取し、スクリーニングを進めているところだ。なお、ロンドンのセンターはインペリアル・カレッジ・ロンドンに置かれているが、同大学も独自にワクチン開発に取り組んでおり、こちらは6月から臨床試験を始める計画だ。

治験の協力者には、最高で625ポンド(約82,000円)が支払われる。オックスフォード大学のワクチンは、チンパンジーアデノウイルスにSARS-CoV-2の「スパイク」のゲノム配列を組み込んで体内に送り込む。スパイクとはコロナウイルスの表面にある突起のことで、ウイルスベクターは細胞に侵入して目的の遺伝子を発現するが、複製能力はもたないため発症はしない。

秋までに100万本を量産へ

こうして開発チームは、被験者が新型コロナウイルスに感染しないか追跡することになる。だが、この過程で国内の感染拡大に歯止めがかかって感染者数が徐々に減少した場合、必要なデータを収集するには最長で6カ月かかる可能性がある。これはかなり厳しい開発スケジュールの最初のハードルになると考えられている。

一方、第1相試験が成功すると、55〜70歳および70歳以上を対象とした試験が始まる。70歳以上の高齢者は、感染に対して最も脆弱で免疫力も低下していることから、ワクチンの効果がうまく出ない可能性がある。なお、イングランドおよびウェールズでは4月第2週のCOVID-19による死者の4割近くが75〜84歳だった。

オックスフォード大学教授で開発チームの一員でもあるアンドリュー・ポラードは、「高齢者で免疫がうまくつかない場合、ワクチンの量を増やすことも検討しています」と話す。

秋までに100万本という量産目標を達成するために、治験の結果を待たずにバイオ医薬品メーカー7社と製造委託契約が結ばれた。内訳は英国企業が3社(ポール、コブラ・バイオロジクス、オックスフォード・バイオメディカ)と欧州企業が2社、残りはインド企業と中国企業で、中国企業は世界最大規模の生産設備を擁する。

リーズ大学の分子ウイルス学教授ニコラ・ストーンハウスは、これについて賢明な戦略だと評価する。開発が成功すれば全世界で数億本規模の需要が見込まれ、これに対応するには複数の国で生産するのが理想だという。例えば、B型肝炎のワクチンは1981年以降は少なくとも7カ国で生産されているが、2017年に英国が全新生児への摂取を導入したときには世界的な品不足が起きた。

山積する課題

オックスフォード大学の取り組みが成功するかどうかは別として、政府や製薬企業は常に複数のプロジェクトを並行して進めるべきだと、英国免疫学会のダグ・ブラウンは指摘する。低価格で量産可能なワクチンが期待通りのスケジュールで利用可能になるかわからなくても、開発プロジェクトには投資を続ける必要がある。ブラウンは「有望な開発案件を支援し、英国だけでなく世界各国での量産を目指さなければなりません」と話す。

オックスフォード大学のワクチンは科学的にも生産体制の面からも、まだたくさんの課題がある。量産が可能になるまでには長い時間がかかるだろう。それに新型コロナウイルスについて不明な点も多い。例えば、集団免疫を確立するには、どれだけの人にワクチンを接種しなければならないのかといった問いには、答えが出ていない。

感染力が非常に強いはしかでは、人口の95パーセントにワクチンを接種しないと集団免疫は成立しない。新型コロナウイルスでは、感染拡大の初期段階では基本再生産数は2〜3程度だったと考えられている。この場合、人口の60〜80パーセントにワクチンを接種しなければならない。

英保健省は4月23日、イングランドの20,000世帯を対象に新型コロナウイルスの感染検査を実施する計画を明らかにした。ワクチンの接種プログラムを策定する上で、感染実態を把握することは必要不可欠だ。

ブラウンは「特定のグループから接種を始める可能性はあります」と言う。「その場合、優先すべきなのは感染した場合に危険性が最も高いと考えられているグループなのか、それとも感染率が特に高いグループなのか。子どもから接種していくのか、成人の就労者からとりかかるのか。こういったことは、現時点ではまだ何もわかっていないのです」

引用元 : WIRED 新型コロナウイルスのワクチンを「数カ月」で完成させる
お申し込みはこちら