激痛で涙 話題の検査に衝撃 発熱申告ためらいも 新型コロナ「疑い」で新型コロナウイルス最新情報

激痛で涙 話題の検査に衝撃 発熱申告ためらいも 新型コロナ「疑い」で

39.1度に「くらっ」

「目をつぶっていた方が、痛みが少し緩和されますよ」。完全防護服姿の女性医師が優しくほほ笑んで言った。その片手には細い棒状の物が握られ、それがゆっくりと私の鼻に入れられた。確かな強度を持った異物が鼻の奥に侵入し、わさびを食べたときのつーんとした感覚を数十倍にしたような衝撃が襲う。

鼻の奥で動く棒によって、どこか大切な場所を削り取られるような激しい痛みが加わる。念入りで執拗(しつよう)な職人の技とでも言うべきか。目など開けられるわけもなく、固く閉じたところで痛みが緩和されている気もしない。

涙があふれ、鼻水も止まらなくなった。なぜ安易に「検査を受けたい」などと言ってしまったのか。東京都立川市内の病院の外に設置された薄暗いテントの中。初めてPCR検査を受けたのは初夏の陽気となった2020年5月11日昼だった。

発端は3日前にさかのぼる。8日夜、記者として時事通信社に勤務する私は仕事を終え、JR中央線の列車に揺られながら帰宅の途に就いていた。週末前の金曜日だが、車内はすいている。何となく肌寒さやだるさを感じた。

帰宅しても食欲はない。額に手をやると少し熱く、体温計を脇に差し込んだ。短時間で「ピピピッ」と検温が終了したことを示す音。39.1度の数字にくらっとした。

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中でも出勤を続けていたが、マスクは着用していたし、手洗いも小まめにしていたつもりだった。人混みにも行っておらず、周りに感染者らしき症状の人もいない。一晩眠れば、平熱に戻っているのでは。淡い期待を抱きながら、普段は使わない和室で布団に潜り込んだ。

早朝の葛藤と決心

翌土曜日の朝、目覚めたのは午前5時ごろ。頭痛がして、体調に異変があるのは明らかだった。体温計で再度測定した結果は37.9度。下がってはいるが、発熱が続いているのはもはや疑いない。会社は、新型コロナの疑い症状が出た場合、速やかに所属長へ報告するよう呼び掛けていた。

気が重い。報告すれば大騒ぎとなるのは確実だ。私はもちろん、比較的近くで仕事をしていた同僚や上司、後輩はことごとく自宅待機を余儀なくされるだろう。影響は社外の人にまで及びかねない。「何もなかったことにしたい。せめてもう少し様子を見て、結論を延ばせないか」と気持ちが揺れる。

ただ、頭痛は続き、発熱もどうなるか見通せない。時間を浪費すれば、後々なぜもっと早く報告しなかったのかと問い詰められることも予想された。葛藤の中、「今報告すれば、表面上は責められないのでは」という消極的な理由で、私は所属長に電話をかけた。

つながらぬ相談窓口

都内では、土日祝日は新型コロナの電話相談窓口である各地の保健所が応対していない。唯一通じるはずの電話相談センターはかけるたびに話し中で、一向につながる気配がない。これとは別の新型コロナに関する一般相談窓口もつながりにくい状態だったが、何度目かにオペレーターと連絡がついた。

症状について一通り伝えたところ、申し訳なさそうに「もう少し様子を見ていただけないか」「かかりつけ医や近所の医療機関を受診することもできるが、今は発熱があるというだけで断られることも多い」などと説明を受ける。

どうにもならないが、オペレーターが悪いわけでもない。「そうですね。もう少し様子を見てみます」と話すと、ほっとした様子で「ありがとうございます」との応答。さまざまな問い合わせや相談があり、彼女たちの仕事も大変なのだろうと推察された。

病床で考えたこと

体温はその後上昇を続けた。昼すぎには38.5度、夜には39.3度に。頭痛も治まらず、スマートフォンで「コロナ 高熱」「コロナ 頭痛」などの言葉で検索をかける。いくつものサイトに目を通しても、自分の症状が該当するようでもあり、そうとも言えなさそうでもあり、何も分からないもどかしさだけが残った。

日曜日を迎えても、体温は38.5度となお高い。今できることは水分、食事、睡眠を十分取ること、保温することぐらいだ。妻が隔離和室におかゆなどの食事や飲み物を運んでくれたほか、定期的に様子を見に来てくれた。

ふと、1人暮らしで新型コロナの疑い症状が出た人はどうするのだろうと思った。外出も控えるよう求められ、電話相談もなかなかつながらない。離れて暮らす家族がいても、感染の可能性を考えると助けを呼ぶのをためらうだろう。インターネットで注文をすれば必要な物が届けられる時代ではあるが、高熱を発しながら日々の暮らしを維持するのは相当厳しいのではないかと感じた。

対応の医療機関に感謝

月曜日の朝、ようやく保健所に電話がつながった。だが、「新型コロナに感染しているかどうかは検査を受けないと分からない。検査するかどうかは医師が決めるので、最寄りの病院に連絡してほしい」と告げられる。対応してくれる病院があるのか半信半疑で自宅近くの診療所に電話したところ、「お越しください」との返事。医療機関の存在のありがたさを痛感した。

診療所では問診票に必要事項を記入。その際に検査を受けたいと明記した。これ以上はっきりしない状態が続くのは耐えられなかった。医師からは発熱が4日続いているので、検査は系列の病院で受けられると伝えられた。タクシーも呼んでくれて、スムーズに移動できた。

気付いた自分の弱さ

検査自体はかなりの激痛を伴ったが、医師は重装備の防護服をまとっており、着脱するだけで一苦労だと推測された。新型コロナ疑い患者1人に対応するため、どれだけの人が関わり、どれだけの労力を割いているのだろうか。そう考えると、たくさんの人々に支えられ、生きているということに気付かされる。

検査結果は2日後に判明し、陰性と伝えられた。社内外の人に結果を伝え、少し肩の荷が下りた気がしたが、検査は常に偽陰性の可能性があるため、しばらく在宅勤務を続けることになった。結局、感染していないと断言はできないらしい。それでも、ほっとしている自分がいる。不確かなものでもすがってしまう弱さに気付き、私は苦笑した。

引用元 : JIJI.COM 激痛で涙 話題の検査に衝撃 発熱申告ためらいも 新型コロナ「疑い」で
お申し込みはこちら