新型コロナウイルスのワクチンは、本当に早期量産できるのか?
加速する研究開発と、いくつもの不確定要素新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルスのワクチンは、本当に早期量産できるのか?
加速する研究開発と、いくつもの不確定要素

新型コロナウイルスのワクチンの開発が、いま世界で100種以上も進められている。通常なら10年はかかるとされるワクチンの開発だが、それを1年未満にまで短縮することは本当にできるのか。もしできるとすれば、いったいなぜなのか。仮に完成したとしても、多くの人に公平に行き渡るのはいつになるのか──。いまだに多くの不確定要素が残る新型コロナウイルスのワクチン開発の現状についてまとめた。

新型コロナウイルスによるロックダウン(都市封鎖)措置の緩和に英国が動くなか、日常生活を取り戻すためのワクチンの開発に大きな期待がかかっている。

ボリス・ジョンソン首相は、新型コロナウイルスのワクチンと治療法の開発への資金拠出を約束した5月上旬の世界会議で、ワクチンの開発が「わたしたちの生涯で最も緊急性が高い世界的な試み」であると語った。「この戦いに勝つためには、各国が手を取り合い、すべての人々を取り囲む頑丈な“盾”をつくらなければなりません。そのためにはワクチンを開発し、大量生産する以外にありません」

とはいえ、世界中で少なくとも115種類の新型コロナウイルス感染症「COVID-19」のワクチンが開発中であるものの、量産にまで達するにはまだ時間がかかるかもしれない。それどころか、実現しない可能性すらある。新型コロナウイルスのほかのことにも言えるが、実現する見込みはいまだに不明なのだ。

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)のように新型コロナウイルスよりはるか前から知られているウイルスでも、いまだにワクチンが存在しない場合がある。「ワクチンの候補とアプローチの数が多いので、個人的には実現できると楽観視しています。それでも実現しない可能性も依然として残されています」と、ウェルカム・トラストでワクチン部門を統括するチャーリー・ウェラーは言う。

通常ならワクチン開発には「10年以上」

新型コロナウイルスは出現してから間もないので、このウイルスに対する免疫機能の働き方や、免疫期間の長さはわかっていない。「1回きり」のワクチン接種では効果がなく、何度も服用や接種を繰り返す必要があるかもしれない。

「同じ分野で働く者として、政府がワクチンの開発を強力に後押ししているのが間違いだとは言いたくありません。ですが、それ以外の選択肢を排除してはなりません」と、リーズ大学で分子ウイルス学の教授を務めるニコラ・ストーンハウスは語る。

一方で、新型コロナウイルスに由来する肺炎の影響を最小限に抑えるには、いくら長い時間がかかろうと、治療法の開発に取り組み、検査と接触追跡の規模を拡大しなければならない。そして、ワクチンをできる限りすみやかに開発することが望まれる。

「パンデミック(世界的大流行)が発生した場合を除き、通常ならワクチンの開発には10年以上かかります」とウェラーは言う。「COVID-19に対処する目標を立てる際には、そのことを念頭に置かなければなりません」

過去の経験が生きる

パンデミックの状況下では、それより素早い開発が可能になる。緊急性が高いことから、さまざまな企業や研究グループが同時に課題に着手し、ペースも速まるからだ。

COVID-19のワクチンは数多くの候補が開発中なので、有効なワクチンがつくられる可能性は比較的高い。研究者や製薬会社は進捗を早めるためにプロセスを効率化しているが、開発速度には上限がある。

「明日にでもワクチンが欲しいという人が大勢いますが、それは無理です」と、リーズ大学のストーンハウスは言う。「不可能なのです」

ワクチン開発の第1段階では、どの抗原が必要な免疫反応を引き起こし、ワクチンに利用できるのかを突き止める。通常なら数年間の研究と動物実験が必要だが、今回は事前に多少のお膳立てがある。わずか数カ月前、COVID-19を引き起こす新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が広まってから間もなく、中国の研究者らがウイルスの塩基配列の決定に成功しており、過去の類似の感染症での経験を頼りにすることができるのだ。

「SARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)など、過去のコロナウイルスのアウトブレイク(集団感染)から、ワクチンの成分についてはある程度の見当が付いています。素早く塩基配列が決定されたおかげで、ワクチンの開発はスムーズなスタートを切ることができました」と、ロンドン大学衛生熱帯医学大学院ワクチンセンター所長のベアテ・カンプマンは語る。

ワクチン候補の多くは、新型コロナウイルスがヒトの細胞と結合して感染を引き起こすことを可能にする、突起状のスパイクたんぱく質を標的にしている。

開発が進む「革新的なワクチン」

研究者たちは、複数の異なるワクチン技術を用いてCOVID-19のワクチンの開発を試みている。十分な実績のある技術も採用されているが、革新的なDNAワクチンやRNAワクチン(モデルナやイノヴィオ・ファーマスーティカルなどの企業が開発中)や、ウイルスヴェクターワクチン(オックスフォード大学の研究者が過去のワクチンで用いた手法に基づき採用しているアプローチ)も開発中である。

これらの革新的な種類のワクチンは初期段階の開発がスピーディーに進められることから、楽観論の拠り所になっている。実際、新型コロナウイルスの塩基配列は1月に決定されたばかりにもかかわらず、すでにおよそ10種類のワクチン候補が臨床試験の段階に入っている。

だが、これは開発の初期段階にすぎない。ワクチンを試験する必要があり、このプロセスを“突貫工事”で進めることはできないのだ。研究者たちはワクチンがヒトに対して安全であることと、COVID-19に対して有効であることの2点を、健康な被験者に対する臨床試験で確認しなければならない。

開発のペースを速める特別措置

臨床試験(治験)は3段階に分かれている。第1段階(第I相)では、ワクチンの実用性を損なうような副作用を見つけ出すために、研究者が少数の被験者を対象にワクチンの安全性を試験する。第2段階(第II相)では、ワクチンが必要な免疫反応を引き起こすか確認するために、血液サンプルに含まれる抗体を調査するなどして有効性を試験する。

通常、研究者らはひとつの段階を完了させてから次の段階に進む。だが今回はペースアップを図るため、これらの段階が同時並行で進められている。免疫反応に関する情報と、副作用に関する情報を同時進行で収集しているのだ。

ワクチンが安全であり、必要な免疫反応を引き起こすことが判明すれば、研究者らは第3段階(第III相)に進むことができる。この段階では、より多くの人々や試験が関与するようになり、臨床現場でワクチンが感染症に対して有効なのか確かめるための試験を実施する。あるワクチンが抗体を生産することが研究室で示されれば、それはそれで成果ではあるが、日常生活で感染を防げなければまったく役に立たない。

第3段階の臨床試験は、自然感染に関する評価を行うことから、時間がかかる場合がある。研究者は試験のどの時点においても、被験者を故意にウイルスに感染させることはない。代わりにランダム化比較試験を実施し、ワクチン接種を受けた比較群と、受けていない対照群で自然感染率を比較する。だが、現在の状況でこの段階を実行することは、より一層困難な可能性がある。

パンデミック終結に向けた道のりの始まり

ロックダウンが実施されるなか、そもそも新型コロナウイルスに暴露する人の数は減少している。つまり、ワクチン接種を受けた比較群と、受けなかった対照群の人々がウイルスに暴露しにくくなっており、ワクチンの有効性の判断が困難な可能性があるのだ。ウェルカム・トラストのウェラーによると、こうした状況への対策として、医療従事者など新型コロナウイルスへの暴露リスクが高い人々を被験者にする方法があるという。

すべてが円滑に進み、最速の日程で遅延なく全段階が完了すれば、秋ごろにはCOVID-19のワクチンの有効性が実証されるかもしれない。これはかなり野心的な目標であり、すでに試験中のワクチンが安全かつ有効であることが近いうちに判明することを前提にしている。だが、その前提が成り立たない可能性も十分にあるのだ。

「これはパンデミックの終結に向けた道のりの始まりにすぎません」と、ウェラーは指摘する。「その時点でわかるのは、特定の人々にとってワクチンが安全かつ有効かどうかです。しかし、いまわたしたちに必要なのは、国や年齢を問わずあらゆる人々に有効なワクチンなのです」

そのためには、臨床試験を拡大し、さまざまなコミュニティや環境、人口統計上の分類に含まれる人々を考慮に入れる必要がある。

来年になっても行き渡らない?

さらに生産能力を拡充する必要がある。有効なワクチンを見つけたとしても、それを必要とする人々にワクチンを届けるには、まだ乗り越えなければならないハードルがある。パンデミックが世界的なものであることを踏まえると、ワクチンへの需要は膨大なはずだ。

ワクチンをいち早く届けたい企業は、この段階をペースアップするため、財務的なリスクを負いながらもワクチン開発の成否が判明するのを待たずに製造設備の準備を進めている。だが、それでも時間はかかる。

「ワクチンは来年になっても十分に行き渡らない公算が高いです」と、ウェラーは指摘する(年内に有効なワクチンが開発された場合の話だ)。12〜18カ月以内に世界中の人々にワクチンを接種するのは、「設備を考慮すれば現実的ではありません」と、ロンドン大学のカンプマンは言う。

さらに、ワクチンを誰に優先的に供給するのかという厄介な問題がある。医療従事者や新型肺炎に対して最も脆弱な人々を優先する必要があるかもしれないのだ。

世界保健機関(WHO)は、COVID-19のワクチンや治療法は、国を問わずすべての人々が利用できるようにならなければならないと強調している。WHOは今年4月、COVID-19のワクチンや診断法、治療法の開発、生産、公平な配分を加速する国際的な取り組みとして「Access to COVID-19 Tools (ACT) Accelerator」を発表している。

既存のワクチンの製造や接種にも影響

公平なアクセスは重要だ。「新型コロナウイルスは、世界中のすべての人々にとって脅威でなくなるまで、すべての人々に対する脅威であり続けます」と、ウェラーは言う。各国首脳は欧州連合(EU)が招集した首脳会議で、ワクチンと治療法の研究のために数十億ポンドを拠出し、ワクチンを貧しい国々にも公平に配分することを約束した。

ワクチンの専門家たちは、新型コロナウイルスのワクチンの供給に注力することで、既存のワクチンのサプライチェーンが悪影響を受けるのではないかと懸念している。どのワクチンが普及するのかはまだわからないが、ウェラーによると、定期予防接種用のワクチンの製造設備や流通網を、新型コロナウイルスのワクチン向けに突然切り替えることは許容できないという。別のウイルスで大規模なアウトブレイクが発生する可能性があるからだ。

アフリカではソーシャル・ディスタンシング(社会的な距離の確保)措置によって、ポリオワクチンの接種活動に遅れが生じている。COVID-19のアウトブレイクがまだ小規模にとどまっている多くの国々も、子どもに対するMMR(麻疹、風疹、おたふくかぜの3種混合ワクチン)やロタウイルスの定期予防接種が中断されれば、重大な影響を受ける恐れがある。

「明らかに倫理的に重大な問題ではありますが、成人や高齢者のワクチン接種と引き換えに、子どもの定期予防接種のニーズに対しては優先度を下げる必要があるかもしれません」と、カンプマンは言う。

将来的な闘いへの活用も可能に

COVID-19のワクチンの開発には前例のない規模のリソースが投入されているが、これには将来的なメリットもありそうだ。2000年代初頭にアウトブレイクが発生したSARSは、感染を防止することで実質的に根絶され、ワクチンは結果的に必要なかった。しかし、すでにここまで感染が拡大しているSARS-CoV-2の場合、ワクチンが必要になる可能性が高い。

いずれにせよ、リーズ大学のストーンハウスが指摘するように、今回の研究成果は将来の呼吸器系ウイルスとの戦いで活用できるかもしれない。「わたしたちはSARSやMERSを経験し、そしていまはSARS-CoV-2に見舞われています。ここ20年で非常に似通った3つのウイルスが発生したことになります」

COVID-19に対して有効でないワクチンや、結局使われなかったワクチンでも、手を加えることで将来のアウトブレイクで活用できるかもしれない。「遅かれ早かれパンデミックは再び発生するからです」と、ストーンハウスは言う。「いつ起きるかの問題なのです」

引用元 : WIRED 新型コロナウイルスのワクチンは、本当に早期量産できるのか?
お申し込みはこちら