本日から唾液でもPCR検査、何が変わる?
新型コロナウイルス最新情報

本日から唾液でもPCR検査、何が変わる?

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染の有無を調べるPCR検査では、現在は鼻咽頭拭い液をスワブで採取する方法が主流だが、本日(6月2日)から唾液を検体として用いることが可能になった。厚生労働省が全国の自治体に通知したもので、綿棒を鼻の奥に入れて粘液を採取するという従来法に比べて、検査時の専門スタッフの確保の手間、医療従事者への感染リスクなどが軽減される。発熱などの症状が出てから9日以内の患者が対象となり、公的医療保険の適用となる。今後、検査件数の増加が期待される(関連記事「どう使い分けるPCR、抗原、抗体検査」)。

対象は発症から9日以内の有症状者

SARS-CoV-2のPCR検査では、患者の鼻や喉の奥から検体を採取する方法が行われてきたが、身体的な負担がかかる他、採取時のくしゃみや咳により、採取する医療従事者の感染リスクが高まることが課題だった。そのため、患者の負担軽減や感染リスクのより低い方法が求められていた。

検体に用いる唾液は、患者自身が滅菌容器に吐き出してもらうことで、簡便に採取できる。唾液を用いたPCR検査は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状が出ていると医師が認め、発熱等の症状発現から9日以内の患者が対象となる。

判定精度は従来のPCR検査とほぼ同等

厚労省の研究班が、COVID-19と診断され、自衛隊中央病院に入院した患者の凍結唾液検体(発症後14日以内に採取された88検体)を用いてPCR検査を実施して評価したところ、発症から9日以内の検体では鼻咽頭拭い液を用いた判定結果と高い一致率を示し、ほぼ同等の精度が得られた。

唾液を用いたPCR検査をめぐっては、日本医師会が5月7日、医療従事者の感染リスクを減らすことが期待できるとして、加藤勝信厚生労働大臣に実用化に向けた申し入れを行っていた。

引用元 : Medical Tribune 本日から唾液でもPCR検査、何が変わる?
お申し込みはこちら