新型コロナウイルス感染症の子どもたちに現れた「謎の症状」の正体
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス感染症の子どもたちに現れた「謎の症状」の正体

新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の子どもたちの一部に、欧州や米国で「川崎病」として知られる疾患に似た症状が現れている。幼児に特有とされ、日本人医師が診断基準を確立したことで名づけられたこの炎症性疾患。今回の症例増加によって、この種の免疫疾患がどのように作用するのかを解明するきっかけになる可能性も指摘されている。

新型コロナウイルス感染症「COVID-19」が人体に及ぼす影響のリストは長くなる一方だ。免疫システムの過剰反応であるサイトカインストーム、神経疾患、足指の腫れ。本当に複雑で、恐ろしく、それに明らかに奇妙なリストである。とはいえ、Twitter上でも指摘されている通り、「すべてのウイルスは奇妙」なのだ。

新たに明らかになりつつあるのは、COVID-19が子どもたちに与える想定外の影響である。初期の報告では、子どもたちは大人と同程度の感染リスクがあるものの、症状は概して軽い(ただし既存疾患のある乳幼児を除く)とされた。

ところがいま、欧州からニューヨーク、その他の米国東海岸の都市などで、新型コロナウイルス感染後に現れる「謎の疾患」が相次いで報告されている。持続的な発熱、発疹、眼の充血など、免疫システムの混乱の兆候を示す子どもたちが病院に運び込まれているのだ。

「川崎病」を連想させる症状

こうした症例の多くは、まれだが治療可能な幼児特有の炎症性疾患である「川崎病」を連想させるものである。一部の患者は低血圧や腹痛などのより深刻な症状を示し、ときには集中治療が必要になった。こうしたケースには別の呼称がつけられた。小児炎症性多臓器系症候群(Pediatric Inflammatory Multisystem Sydrome)、略してPIMSだ。

こうした合併症が、どれだけ広範にみられるものなのかは明らかになっていない。最新のデータでは、ニューヨーク周辺地域でこうした免疫疾患を発症した子どもたちは100人を超え、うち3人が死亡した。フランスと英国では、いずれも5月第3週に1人の死亡が報告されている。

医学誌『ランセット』に5月13日に掲載されたイタリア北部の病院で勤務する研究者による論文で、この疾患とCOVID-19とのつながりがこれまでで最も明確に示されている。

論文によると、同地域では川崎病に似た疾患が2週間で10例報告された。この症例数は通常の30倍にあたり、さらに大多数の患者は発症当時新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染していたか、過去に感染経験があったと確認されている。

「極めてまれな現象」

多くの国々が学校やサマーキャンプの再開の是非を検討しているいま、こうした報告の増加は、最初のパンデミックと同じくらい恐ろしいものだ。そして“第2のパンデミック”が進行しているのではないかという不安をかきたてる。米連邦議会で5月第3週に証言した国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は、COVID-19と子どもの関係についてはまだ不明点が多いとして、「慎重な姿勢」を崩さないよう議員たちに呼びかけた。

とはいえ、パニックを起こせと言ったわけではない。

「恐怖と不安が広がっているようです」と、カリフォルニア大学サンディエゴ校川崎病研究センター所長のジェーン・バーンズは言う。「というのも、わたしたちは市民に向けて、幸いこのウイルスは子どもには手出しをしないと言ってきました。それがここにきて、『実は新しい事実がわかりました』と言っているわけですから」

バーンズは「いやな展開」であると認めながらも、当初の指摘はいまも正しいと念を押している。新型コロナウイルスへの感染で重症化する子どもは、ほとんどいない。「極めてまれな現象です」と、彼女は言う。

さらに、新たに合併症の発症が判明した子どもたちにしても、極めて重症のケースでさえ大多数は治療を受けて回復している。彼女によれば、ほとんどの子どもたちにとってCOVID-19の症状は軽く、無症状であることも珍しくない(一方でこの事実は、ウイルスの拡散に子どもたちがどう関与しているかについて多くの疑問を投げかける)。

多くの知見が得られるか

それでも、今回確認された症例のクラスターは異例である。そして、30年にわたって川崎病をはじめとする子どもの免疫疾患を研究してきたバーンズにとっても、初めての経験だ。

「こんなことになるとは誰も予想していませんでした。というより、できるはずがありませんでした」と、彼女は言う。幸い、医師たちは事態にきちんと対処できているようだ。あるいは今回の症例の増加により、謎めいたまれな免疫疾患について、多くの知見が得られるかもしれない。

川崎病は長く続く発熱や断続的な炎症を伴うため、医師は容易に発見できる。だが、昔はそうではなかった。カリフォルニア大学サンフランシスコ校の小児リウマチ専門医であるスーザン・キムによれば、こうした疾患は長い間、発達途上の免疫システムに起因する原因不明の炎症と区別されずにいた。

ところが1960年代になって、川崎富作という日本人医師が、驚くべきパターンを明らかにした。炎症を治療せず放置すると、場合によっては子どもたちの心臓周辺の動脈に動脈瘤が形成され、心臓に長期的な損傷が生じるのだ。川崎は、発熱やさまざまなタイプの炎症といった症状の診断基準を開発した。この功績が認められ、疾患に「川崎」の名がついた。

早期発見の場合、ほとんどの子どもたちは長期的な心疾患を回避できる。「通常の川崎病は一般小児科医が治療できますし、実際に治療されています」と、キムは言う。子どもたちにはアスピリンの投与や免疫グロブリンの静脈注射(IVIg)が施される。後者は過剰に活性化した免疫反応を沈静化する作用をもつ抗体溶液だ。症状は通常、数日で改善する。

なぜ免疫システムがおかしくなるのか?

わからないのは、そもそも免疫システムがおかしくなる原因が何なのかだ。「川崎病の原因は誰にもわかりません。ただし、遺伝的素因がある人の場合、ある種のトリガーが免疫システムに作用し、症状の連鎖を引き起こします」と、キムは言う。

このトリガーの正体を巡っては数十年にわたり、カビ、エアロゾル汚染物質、細菌感染など、さまざまな説が提唱されている。1980年代にはカーペットの洗浄剤が原因であるとの仮説が有力視されたが、のちに単なるデマだとわかった。

ウイルスも容疑者のひとりだった。コネティカット州で2005年に発生した症例のクラスターでは、風邪の原因となるコロナウイルスとの関連が指摘されたが、のちの研究では確実な関連性は立証できなかった。別の種類のありふれたウイルスとの関連を指摘する研究者もおり、季節性疾患と川崎病の発生パターンを世界規模で調査している。

「いくつものタイプのトリガーがあるはずです」と、ボストン小児病院の小児循環器科医であるケヴィン・フリードマンは言う。彼はこれまでにCOVID-19との関連が疑われる川崎病の類似症例の患者を15人ほど診察し、全員が回復を示している。

「これほど世界中に蔓延している病気に、たったひとつの原因があるとは考えられません」と、フリードマンは言う。子どもたちの集団が異なれば、そこに結びついたトリガーも異なるかもしれないし、異なる遺伝的素因が影響している可能性もあると、彼は言う。

新型コロナウイルスがトリガーに?

このように、病気の原因についてはまだ解明されていない部分が多い。このため、新興感染症のアウトブレイクに続いて謎多き炎症性疾患が発生した事実には、さほど驚かなかったとキムは言う。

確かに今回のアウトブレイクの症例の数と症状の一部は異例である。だが彼女が指摘する通り、そもそも数百万人の人々が数週間のうちにたったひとつのウイルスに感染すること自体も異常なのだ。

固有の症状があることを考慮すると、COVID-19関連症候群と典型的な川崎病がどれだけ近い関係にあるのか、断言するには時期尚早である。また、子どもの集団によってこの病気へのかかりやすさには違いがあるようだ。

通常、川崎病は日本と韓国で最も患者数が多く、通常は5歳未満の子どもが罹患する。理由は研究者にも正確なところはわからないが、地理的格差の存在は、ある種のトリガーによって発症しやすい遺伝的素因があるという仮説を支持している。

だが、バーンズが最近アジアの病院に勤める共同研究者に聞いたところによると、症例データを総ざらいしてもPIMSに似た症例はまったく見つからなかったという。それどころか日本では現在、軽度の川崎病の症例報告は通常よりも少なくなっている。

そしてCOVID-19との関連が疑われる症例数の増加は、米国と欧州で起きている。子どもたちの多くは黒人で、通常の川崎病よりも年齢が高く、ティーンエイジャーの患者までいる。

こうした違いを根拠に、両者はまったくの別物と考える人もいる。しかしバーンズは、米国と欧州におけるPIMSの重症例の発生が、通常の川崎病に似た症例の急増と同時期に報告されている事実を指摘する。「現状を見る限り、SARS-CoV-2がトリガーであることを否定するのは難しいと思います」と、彼女は言う。

またとない研究の機会に

ある意味で今回の症例増加は、この種の免疫疾患がどのように作用するのかを理解する、またとない機会を研究者にもたらすかもしれない。「基礎医学の研究者たちは、今回のことを川崎病の原因を解明する千載一遇のチャンスだと考えています」と、フリードマンは言う。

研究者は普通、集団レヴェルでのこの病気の研究に苦労する。川崎病はまれな病気であり、米国では毎年およそ5,000人の子どもしか発症しない。そのうえ原因は不明で、おそらく多岐にわたるからだ。COVID-19によって、研究者は単一の免疫トリガーを特定し、大規模コホートの患者の遺伝子を分析して隠れたつながりを探し出せる、願ってもない状況を手にする。

しかし、バーンズも言うとおり、それはすべて先の話だ。いまのところ、急を要する課題は症例の発見と治療である。研究者たちは、子どもにみられる症状が、大人のCOVID-19患者が示すサイトカインストームに相当するのかどうかに関心をもっている。

治療効果はかなり改善

免疫システムが突如として過剰反応するこの現象は、しばしばウイルスによる症状が落ち着いてしばらくしてから起こり、死に至ることも珍しくない。幸いなことに大人の場合と違い、子どもの川崎病に似た症状はたいてい比較的簡単に治療できる。治療には軽症の川崎病の場合と同じ抗体に加え、補助的にステロイドが使われる。

「IVIgによって好転し、心機能が回復するようです」と、バーンズは言う。彼女は現在、重症患者の治療の精緻化に役立つと見込まれる、ほかのいくつかのステロイド治療の臨床試験を始めたいと考えている。「治療効果はすでにかなり改善しています」と、彼女は言う。

さらに言えば、恐ろしげな見出しが日々飛び交ういまも、症例の総数は依然としてきわめて少ないと、キムは指摘する。「ニュースではとても恐ろしい事態のように扱われていますが、どの医療センターをみても現時点で何十人も患者がいるわけではありません」と、彼女は言う。

子どもの熱が何日も下がらないようなら、その状況でいつもすべきことをしよう。医者に知らせるのだ。でも、あまり心配しすぎてはいけない。「親のみなさんは、このことでパニックに陥らないでください」と、フリードマンは忠告する。

引用元 : WIRED 新型コロナウイルス感染症の子どもたちに現れた「謎の症状」の正体
お申し込みはこちら