大半の人が抗体持たない
感染歴ある人は東京0・1%、大阪0・17%〔読売新聞〕
新型コロナウイルス最新情報

大半の人が抗体持たない
感染歴ある人は東京0・1%、大阪0・17%〔読売新聞〕

厚生労働省は16日、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査の結果を公表した。東京、大阪、宮城の3都府県で計7950人に実施、感染歴がある人の割合は、東京が0・1%、大阪が0・17%と、感染が広がった地域でも、大半の人が抗体を持っていないことがわかった。一方、感染者の少ない宮城では0・03%だった。同省では、より正確な実態把握のため、追加の調査を検討する。

抗体検査は、ウイルスが感染した際に体の中にできる抗体の有無を血液で調べる。今回の検査は今月1~7日に行われた。判定をより正確に行うため、2種類の試薬を使い、両方で陽性が確認されたものを「抗体有り」とした。

現在、医療現場で、その時点で感染しているかどうかの診断には、PCR検査や抗原検査が行われている。ただ、新型コロナでは無症状やごく軽症の感染者が多数いるとされ、厚労省は、感染状況の実態を調べるため、今回、抗体検査を行った。

また、検出された抗体が体内でどのぐらい持続するかや、再度の感染を防ぐ効果があるかは、定かではない。国立感染症研究所で、調べる。

引用元 : Medical Tribune 感染歴ある人は東京0・1%、大阪0・17%
お申し込みはこちら