新型コロナウイルスには「2度の感染」がありうる?その日本人女性は、なぜ症状が再発したのか
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルスには「2度の感染」がありうる?その日本人女性は、なぜ症状が再発したのか

新型コロナウイルスに感染した大阪のバスガイドの女性が、症状が改善して陰性反応が出たあとに、再び陽性と診断された。この女性は症状が完治したあとに「再感染」したのか、それとも小康状態になったあとに「再発」したのか。現時点では原因不明である「2度の感染」の謎に迫った。

新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」にかかると、肺炎に似た症状が出る。さらにひどいことがあるとすれば、いったい何だろうか? それは同じ感染症に2度かかることだ。

日本政府の関係者によると、大阪のバスツアーガイドの女性が新型コロナウイルスによる感染症に2度かかった可能性があるという。大阪府の発表によると、この女性は1月下旬に1回目の新型コロナウイルスへの感染の診断を受けた。それから間もなく症状が改善したことから退院し、その後の検査ではウイルスに陰性の結果が出た。3週間後、のどと胸の痛みを訴えて再び検査を受けたところ、再び陽性の結果が出たのだ。

今回の事例に関するメディアの報道は、COVID-19からの回復後でも新型コロナウイルスに対する免疫が生まれない可能性があると指摘している。しかし複数の感染症専門家は、こうした結論を裏付けるだけの十分なデータが存在しないと言う。ウイルスの活動が低下してから再び活発化した可能性もある(ウイルスにはこういう動きをしがちなものがある)。また、単純に検査に誤りがあった可能性もある。

「本当のところ、問題は証拠がどれだけきちんとしているかということです」と、ピッツバーグ大学の国際保健の専門家、ドナルド・バークは言う。「わたしたちは確かなものを何も手にしていません。必要であるものはウイルスの配列なのです」

「再発」か「再感染」かを見分ける唯一の方法

新型コロナウイルスが消えたように見えて再び戻ってくる「再発」と、最初のコロナウイルスが消えるころに第2の新型コロナウイルス株に感染する「再感染」を見分ける唯一の方法がある。それはウイルスの完全な配列だ。

いまCOVID-19の診断に使われている検査は「RT-PCR(逆転写ポリメラーゼ連鎖反応)」と呼ばれる手法に基づいている。これはウイルスの遺伝子コードのすべてではなく、一部分を拾い上げる。

つまり、新型コロナウイルスに固有でありながら、安定していて変異しても消えることのない部分だけを捕捉するように設計されている。特殊な蛍光染料のおかげで、ウイルス片が多ければ多いほど遺伝物質は明るく光り、光のパターンをつくり出してウイルスの存在を知らせる。

理論上は、陽性の診断が下るたびに医師が患者の鼻か口のウイルスの配列を完璧に捉えていたなら、ゲノム読解ソフトウェアを使ってそれぞれの遺伝的文字列を比較し、患者が同じ株のコロナウイルスを保有しているのか、それとも新しい株を保有しているのかを見分けることができる。そのようなデータがない限り、確実に知る手だてはないとバークは言う。

最初の感染が続いていた?

だが、ウイルスが単に患者の体内に予想よりも長くとどまることができている可能性のほうが高いと考える人もいる。「実は最初の感染が続いているだけではないかと、わたしは考えています」と、ミネソタ大学の感染症医で疫学者のスーザン・クラインは語る。

ひとつには、再感染するだけの十分な時間が経過していないのだと彼女は指摘する。一般的な風邪を引き起こすようなほかのコロナウイルスの場合、感染後に免疫ができることが多い。だが、免疫は永遠に維持されるわけではない。体はその後の曝露に備えて抗体をつくり、やがてその免疫反応は徐々に弱まっていくのだとクラインは言う。

このプロセスには通常は3週間以上かかるので、「(今回の事例は)早すぎます」とクラインは言う。「今回のアウトブレイク(集団感染)が始まってから、まだ2カ月しか経っていません。もしその間に再感染しているのであれば、たいへんな驚きです」

最初に「陰性」が理由

それでは、なぜこの日本人女性は陰性の検査結果が出たのか。その理由にはいくつかの説明が考えられると、クラインは言う。

ひとつには、ウイルスの存在を拾い上げることができるほど検査の感度が高くなかった可能性だ。COVID-19の診断に現在使用されているRT-PCR検査がうまく機能するには、ある程度の量の遺伝物質が必要になる。

もしコロナウイルスが活発に自身を複製していたなら、検査で検出されるRNAがたくさんあるだろう。しかし、もしウイルスの量が減少したら、テストは偽陰性の結果になることがある。こういったことが起きうるのは、患者の免疫系が強い反応を示し始めているからだ。あるいは、治療によってコロナウイルスの自己複製の速度が落ちる可能性もある。

もうひとつの可能性は、単にサンプルがよくなかった可能性だ。つまり、そもそも綿棒にウイルスがあまりついていなかったことが考えられる。

HIVやSARSにも“再発”の可能性

ほかのウイルスも同様の動きを示すことが知られている。例えばHIVは、最初は盛んにウイルスを複製するが、やがて免疫系がその存在に気づく。すると体が反応を開始し、ウイルスの遺伝物質はときには検知できないレヴェルまで減少する。その後、HIVが体の免疫細胞を攻撃して患者の体調がどんどん悪くなっていくと、ウイルスはまた検知できるようになる。

17年前にSARS(重症急性呼吸器症候群)が流行した際、肺炎の治療にステロイド薬を投与された人々がいたことが報じられた。この治療によってSARSウイルスは衰えたが、そのあと再び盛り返した。

ロイターが最初に伝えた大阪の症例は、日本に居住する人としては初めてコロナウイルスに2度以上感染した(可能性のある)ケースである。しかし、同様のケースは中国でも報道されている。このアウトブレイクは、世界保健機関(WHO)が発表した最新の数字によると、全世界で85,000人以上が感染し、約3,000人が死亡している。いまも中国は、その中心地だ。

回復した患者がウイルスに再感染する可能性については、中国の医師が1月に警告している。中国国家衛生健康委員会の1月30日の記者会見で、北京にある中日友好医院の肺炎予防・治療部門部長の詹慶元(ジャン・チンユアン)は、COVID-19の患者は全員が新型コロナウイルスに対する抗体を獲得するように見えるものの、その抗体が長期間は持続しない人がいるようだと指摘した。「治癒した患者にも再発の可能性があります」と、詹は語っている。

いま提供できる最良のアドヴァイス

ピッツバーグ大学のバークは、こうした状況や、COVID-19が再発したり複数の株に感染したりする人々が存在する可能性を示すデータの出現を注視しているという。どちらもこのアウトブレイクおいて公衆衛生に大きな影響を及ぼす可能性があるからだ。

「もし本当の再発が相当数存在したら、人の封じ込めを安全に解除する時期をどう見極めればいいのかが気になるところです」と、バークは言う。医療関係者は、患者が回復してそれぞれのコミュニティに戻ったあとでウイルスが再活性化し、再び感染しないようにする監視戦略をとる必要があるだろう。

再感染という恐怖は、ほかの数々の問題をもたらす可能性がある。「自然感染によってしっかりした免疫ができないのであれば、ワクチンの有効性についても心配し始めることになります」と、バークは指摘する。

もちろん現時点では、これらはすべて憶測にすぎない。いま提供できる最良のアドヴァイスは、日本政府が大阪の人々に告げた内容と変わらない。つまり手洗いと、せきに関するエチケットの励行である。

引用元 : WIRED 新型コロナウイルスには「2度の感染」がありうる?その日本人女性は、なぜ症状が再発したのか
お申し込みはこちら