ポビドンヨードうがいは「かぜ予防に効果なし」というデータも
「ヨードうがい推奨会見」、患者にどう伝える?
新型コロナウイルス最新情報

ポビドンヨードうがいは「かぜ予防に効果なし」というデータも
「ヨードうがい推奨会見」、患者にどう伝える?

2020年8月4日に大阪府が行った「ヨードうがい推奨会見」が波紋を呼んでいる。

会見では、大阪府立病院機構・大阪はびきの医療センターが行った研究結果を紹介。大阪府の宿泊療養施設に入っている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の軽症患者41人に対し、ポビドンヨードを含むうがい薬を用いて1日4回(起床時、昼食前、夕食前、就寝前)のうがいを実施したところ、唾液中のウイルスの陽性頻度が低下したという。

患者は入所中、毎日、唾液検体を採取され、PCR検査を実施した。ポビドンヨードが含まれないうがい液でうがいをした群では、PCR検査での新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の陽性率が1日目68.8%、2日目75.0%、3日目56.3%、4日目40.0%だったのに対し、ポビドンヨードを含むうがい薬を使用した群は1日目56.0%、2日目48.0%、3日目36.0%、4日目9.5%だった。

この結果をもって、府と同センターは今後、宿泊施設で療養する患者2000人の同意を得て、COVID-19の重症化予防にポビドンヨードによるうがいが効果があるかどうか、大規模な臨床研究を行う考えを示した。また、府民に対して大阪府知事の吉村洋文氏は「発熱などの症状のある人やその家族、接待を伴う飲食店の従業員、医療従事者や介護従事者は、8月20日までの強化期間はポビドンヨードによるうがいを励行してください」と呼びかけた。

医療関係者からは懐疑的な声

この会見を受け、大阪府だけでなく、日本全国のドラッグストアなどでポビドンヨード入りのうがい薬を買い求める人が急増し、軒並み売り切れる事態が生じた。

一方、医療関係者からはこの研究結果に対する疑問の声も上がっている。最も多いのが、「ポビドンヨードによるうがいによってPCR検査の偽陰性を人為的に作り出しているだけではないか」というもの。実際は体内にウイルスがあるのにポビドンヨードによるうがいによって、一時的にPCR検査の検体にウイルスが含まれにくくなっているだけではないかという主張だ。

また、そもそも「ヨードうがいはかぜ予防に効果がない」という研究結果も存在する。以下に日経メディカルの2008年2月号の記事を紹介する。

日経メディカル2008年2月号特集「その処置、必要?」から

プライマリケアの現場で、かぜ予防として患者にうがいを奨励するケースは多い。院内感染の予防のため、診療時間が終わった後などに自らうがいをする人も多いのではないか。だが、ヨード液を薄めてうがいをしても、かぜの予防にはならないことが無作為割付試験で明らかになっている。

京大保健管理センター所長(2008年当時の肩書、現在は京都大学名誉教授)の川村孝氏らは2002年から03年の冬、全国18地域のボランティア387人を「水うがい群」「ヨードうがい群」「うがい介入なし群」の3群に割り付け、2カ月間にわたって、かぜの発症を追跡。発症の有無は、症状のグレードをスコア化することで、客観的に判断した。

結果は、うがい励行の介入をしなかった群と比較して、水うがい群でかぜの発症者が40%減少した(ハザード比0.6)のに対し、ヨードうがい群では有意な差が認められなかった。

ヨードは常在菌叢を破壊する?

そもそも、うがいという行為自体が有効なのか、以前から疑いの目が向けられていた。ウイルスは感染時、強固に細胞の受容体と結合する。そして30分程度で細胞内に侵入、増殖段階に入るため、いくら帰宅後にうがい液で粘膜表面からウイルスを洗い流したとしても、その効果は限定的だと考えられるからだ。

これについて川村氏は「ハウスダスト由来のプロテアーゼがインフルエンザウイルスの感染を促進するという報告がある(Akaike T. J Infect Dis.1994;170:1023-6.)。うがいによってウイルスを流し去るのではなく、感染を促進するプロテアーゼを洗い流している可能性がある」と説明する。

一方、水道水で効果がありながら、ヨード液で効果がなくなったことに対しては、ヨード液が粘膜の常在菌叢を破壊したためか、粘膜を構成する細胞が傷害され、水道水と比べて感染が成立しやすくなったのではないかと川村氏は考察している。

今回の研究は被験者に介入内容を知られてしまうため、完全に厳密な研究とまではいえない。これに対し川村氏は「被験者も私たちも、ヨードうがいが一番効くと思っていたのにそうではない結果が出たということから、思い込みによるバイアスは少ないのではないか」と話す。

うがいは歴史をたどると室町時代の文献に記述があるほど古来からの文化で、語源は長良川の「鵜飼」。日本固有の風習で米国や隣の韓国ですら行われていない。「この試験結果から、今後は、かぜ予防のためにうがいをしなさいと、日本の文化として自信を持ってアドバイスすることができる」と川村氏は話している。(引用終わり)

患者には冷静な説明を

大阪府の会見で紹介された研究は対象患者が少数であり、臨床研究の前段階に過ぎない。また、軽症患者のPCR検査の結果だけを見ていることから、「COVID-19の感染予防」や「COVID-19の症状の重篤化予防」などについては十分に検討できていない。それにもかかわらず、「ヨードうがいがCOVID-19に効果がある」という不確定な情報が一人歩きすると、うがいを何度も行い、過剰なヨードを摂取することによって甲状腺機能低下を来す人が出てくる恐れがある。また、妊娠中の女性ではヨードの過剰摂取によって、新生児の先天性甲状腺機能低下症を引き起こす可能性もある。

患者にポビドンヨードによるうがいについて問い合わせを受けたら、大阪府のデータはまだ臨床研究の前段階であることや、かぜ予防には効果がなく、むしろ水によるうがいの方が推奨されるといった研究結果もあるということを示すのが、現時点では無難な対応になるだろう。

引用元 : 日経メディカル 「ヨードうがい推奨会見」、患者にどう伝える?
お申し込みはこちら