COVID-19低線量放射線照射で肺炎を治療する臨床研究が進行中
新型コロナウイルス最新情報

COVID-19低線量放射線照射で肺炎を治療する臨床研究が進行中

COVID-19臨床試験:医学研究者は、低線量放射線療法がCOVID-19患者の転帰を改善すると思われると言っています。少なくとも12件の臨床試験が世界中で進行中であり、その利点をさらに探求しています。

https://clinicaltrials.gov/ct2/results?cond=COVID-19&term=low-dose+radiation&cntry=&state=&city=&dist=

オハイオ州立大学(OSU)が後援する最新の2件の試験がまだ登録されています。

https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT04427566?term=low-dose+radiation&cond=COVID-19&draw=2&rank=4

ダース以上の研究はすべて同じ基礎に基づいています:抗生物質の前に、低線量放射線が肺炎患者を治療するために使用されました。胸部X線は炎症を軽減し、副作用はほとんどありませんでした。しかし、それらは高価であったため、抗生物質が選択肢になったとき、医師は新しい治療法に切り替えました。現在、COVID-19を治療するための承認された治療法がないため、研究者たちはこの伝統的なモダリティを再考しています。 主な目的は、一部のCOVID-19患者が経験するサイトカインストームを炎症を抑えて相殺し、患者に人工呼吸器を付けないようにするか、そのようなデバイスに費やす時間を減らすことです。サイトカインストームは、体が放出するサイトカインが多すぎて急速に奪われる重度の免疫反応です。重症例では、臓器不全につながる可能性があります。 オハイオ州立大学の放射線腫瘍学部長であるArnab Chakravarti医師は、次のように説明しています。「これらの低線量での放射線照射は、通常、直接的な抗ウイルス効果はありませんが、炎症を軽減します。炎症が軽減されると、肺炎の副産物も治まります。」 患者が機械的換気を必要とする瞬間、生存の可能性は減少します。人工呼吸器患者の死亡率データは広範囲に及びます。 COVID-19の世界的流行の初期には、世界中の死亡率が50〜98%と報告されていました。 5月の終わりに、エモリー大学の研究者らは、機械的換気を必要とした165人の患者の死亡率が35.5%であることを報告しました。

https://news.emory.edu/stories/2020/05/coronavirus_emory_icu_outcomes/index.html

医師のウィークリー誌によると、数週間前の英国では、集中治療国立監査研究センターの研究者は、高度な呼吸サポートを受けたCOVID-19患者の死亡率が59%であることを示していました。オハイオ州立大学の研究では、チャクラヴァルティ博士は、人工呼吸器を装着した患者の80%が30日以内に死亡すると想定しています。

https://www.physiciansweekly.com/update-mortality-rate-of-covid-19-patients-on-ventilators/

人工呼吸を生き延びた患者は、人工呼吸器によって誘発される肺損傷のリスクを冒すことがわかった。具体的な損傷には、肺の過度の拡張、肺の開閉の繰り返しによる損傷、および肺を損傷したり、既存の損傷を悪化させるメディエーターによって引き起こされる生物外傷が含まれます。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4896812/

したがって、医師には、COVID-19やその他の疾患が機械的換気が必要になるほどに進行しないようにするための複数の理由があります。 オハイオ州立大学の研究は、肺への低線量、高エネルギーX線の単一の治療がCOVID-19によって引き起こされる炎症を軽減し、患者が人工呼吸器なしで呼吸できるようにするかどうかを決定することを目的としています。彼らは、かなり高い線量の放射線が癌を治療するために安全に使用されることを指摘しました。放射線を受けてから30日後に16人の患者を評価する段階的研究が計画されています。少なくとも3人が生存すれば、さらに8人の患者が登録されます。 以前のオハイオ州立大学の研究(RESCUEと呼ばれる)は、低線量の全肺放射線がCOVID-19患者の支持療法を強化できるかどうかを決定するために春に開始されました。これには、10人の参加者と1つの治療が含まれ、1、7、14日目にフォローアップされます。完了は2020年10月23日に予定されています。 ハーバード大学のブリガムアンドウィメンズホスピタルは、COVID-19患者の健康を改善するための放射線の潜在的利益に関する48人の第II相研究を募集しています。その前提は、低線量の放射線は酸素サポートの必要性を短くし、患者がより早く退院することを可能にするかもしれないということです。研究文書によると、この試験で使用する放射線量の医師は、「通常の医療画像に使用される線量よりも高いが、癌などの他の症状の治療に通常使用される線量よりもはるかに低い」とのことです。完了は2020年11月に予定されています。

https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT04393948?term = low-dose + radiation&cond = COVID-19&draw = 2&rank = 6

これらの臨床試験は、エモリー大学による5人の7日間の試験の直後に行われます。エモリー大学のパイロット研究では、全肺放射線治療を受けた5人の患者の60%が補給酸素から周囲空気に引き離され、4番目が96時間後に引き離されたことがわかりました。レントゲン写真の改善は患者の80%で示されました。重要なことに、患者の平均年齢は90歳でした。年齢の範囲は64〜94歳でした。

https://winshipcancer.emory.edu/about-us/newsroom/press-releases/2020/low-dose-chest-radiation-for-covid19-patients.html#.XwgKUW0zaUk

エモリーの研究者は書いている。 「患者は入院し、レントゲン写真の肺浸潤があり、酸素補給が必要で、臨床的に悪化していた。」それでも、急性の皮膚、肺、胃腸または胃腸の毒性はなく、回復までの平均時間は35時間でした。これらの結果に基づいて、研究者らは、放射線療法は安全であり、COVID-19患者の転帰を改善できる可能性があると結論付けました。 ただし、低線量放射線が重症のCOVID-19患者に受け入れられる治療法になる前であっても、一部の研究者は注意を喚起しています。 放射線治療と腫瘍学の6月号(The Green Journalとして知られている)の編集者への詳細な手紙で、イラン大学の腫瘍学者アミールホセインケファヤト博士とアラク大学の放射線科医ファテメガーレマニ博士は、低線量放射線治療(LDRT) -炎症効果。特に、サイトカインストームだけでなく、SARS-CoV-2と戦う免疫系の能力も抑制し、ウイルスの排除を妨害する可能性があります。

https://www.thegreenjournal.com/article/S0167-8140(20)30207-3/pdf

「LDRTとウイルスの相互作用についての知識は限られています。一部の研究では、放射線療法後の一部のウイルスの取り込み、活性化、転写、拡散の大幅な増加が報告されています。したがって、おそらくウイルス濃度が高いため、放射線療法の標的臓器として肺を使用しない方がよいでしょう。」 彼らは他の専門家と共に、相対的なリスクと利益を評価するために追加の調査を求めています。 それらの臨床研究の多くは進行中です。成功した場合、初期の研究が示しているように、これらの試験はCOVID-19の最悪の症状に対する新しい治療法につながる可能性があります。 欧州有数の癌治療センターの1つであるInstitut Gustave Roussyの癌医学部門の責任者であるベンジャミンベッセ博士は、次のようにツイートしています。たぶん、これは潜在的なCOVID-19の第二波のための新しいツールになるかもしれません。」

引用元 : ヒポクラ COVID-19低線量放射線照射で肺炎を治療する臨床研究が進行中
お申し込みはこちら