COVID-19、1割が軽症でも嗅覚・味覚異常が1ヵ月継続
新型コロナウイルス最新情報

COVID-19、1割が軽症でも嗅覚・味覚異常が1ヵ月継続

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状として、嗅覚や味覚の異常が多く報告されている。またCOVID-19を巡っては、回復後1~2ヵ月もなお諸症状がしつこく残るケースが多いことも、これまでの研究で明らかになっている。本研究は、イタリア・パドヴァ大学のPaolo Boscolo-Rizzo氏ら研究グループが、2020年3月19日~22日、同国Treviso Regional HospitalにおいてRT-PCR 検査でSARS-CoV-2陽性と診断された18歳以上の軽症患者202例を対象に、嗅覚・味覚障害の経過を連続的に評価したもの。JAMA otolaryngology-head & neck surgery誌オンライン版2020年7月2日号での掲載。

主な結果は以下の通り。

・ベースライン時に調査した202例中、187例(92.6%)が追跡調査を完了した。103例(55.1%)が女性で、年齢の中央値は56歳。

・ベースライン時に嗅覚あるいは味覚異常を報告したのは113例だった。このうち55例(48.7%、95%信頼区間[CI]:39.2~58.3)は、発症から4週間後には症状が完全に解消し、46例(40.7%、95%CI:31.6~50.4)は症状の改善が見られた。

・嗅覚あるいは味覚異常が継続、または悪化したのは12例(10.6%、95%CI:5.6~17.8)だった。

本研究では、COVID-19の後遺症としての嗅覚・味覚異常は、患者の約9割で完全に解消または改善していたが、1割の患者では、発症から4週間後もなお症状を有していた。

(ケアネット 鄭 優子)

原著論文はこちら
Boscolo-Rizzo P, et al. JAMA otolaryngology-head & neck surgery. 2020 Jul 02. [Epub ahead of print]

引用元 : Care Net COVID-19、1割が軽症でも嗅覚・味覚異常が1ヵ月継続
お申し込みはこちら