COVID-19、31ヵ国716例にみる皮膚科症状の特徴は?
新型コロナウイルス最新情報

COVID-19、31ヵ国716例にみる皮膚科症状の特徴は?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、特徴的な皮膚科症状が認められると伝えられている。米国・ハーバード大学医学大学院/マサチューセッツ総合病院皮膚科部門のEsther E. Freeman氏らは、それらの皮膚科症状を特徴付け、根底にある病態生理の解明を促進する目的で、国際レジストリの症例集積研究を行った。その結果、多くの症状は非特異的であったが、COVID-19の病態生理における潜在的な免疫や炎症性反応の解明に役立つ可能性がある知見が得られたという。Journal of the American Academy of Dermatology誌オンライン版2020年7月2日号掲載の報告。

研究グループは、米国皮膚科学会および国際皮膚科学会連盟の国際レジストリを用いて症例集積研究を行い、COVID-19が確認または疑われ、新規発症の皮膚科症状が認められた患者のデータを分析した。

主な結果は以下のとおり。

・レジストリから、COVID-19確認/疑い症例716例が収集された。

・検査でCOVID-19が確認された患者は171例であった。

・そのうち最も一般的に認められた皮膚科症状の形態的特徴は、麻疹様(22%)で、次いでペルニオ様(18%)、蕁麻疹(16%)、黄斑紅斑(13%)、小胞(11%)、扁平上皮丘疹(9.9%)、網状紫斑(6.4%)であった。

・ペルニオ様病変は、疾患が軽症の患者で一般的に認められた。

・網状紫斑は、入院を要した患者にのみ認められた。

・なお、著者らは、「本検討では発生率や有病率を推定できず、またバイアスの確認が必要という点で結果は限定的である」としている。

(ケアネット)

原著論文はこちら
Freeman EE, et al. J Am Acad Dermatol. 2020 Jul 2. [Epub ahead of print]

引用元 : Care Net COVID-19、31ヵ国716例にみる皮膚科症状の特徴は?
お申し込みはこちら