日本人COVID-19死亡例、80代と2型糖尿病併存で最多
新型コロナウイルス最新情報

日本人COVID-19死亡例、80代と2型糖尿病併存で最多

メディカル・データ・ビジョン株式会社(以下、MDV)は、自社診療データベースから新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の死亡事例を調査。その結果、2020年2月~5月までの期間の死亡者は110例(男性:77例 、女性:33例)で、年代別では80代が4割超を占めていることが明らかになった。また、併存疾患では2型糖尿病が最も多かった。

主な結果は以下のとおり。

・年代別では、90代が17例(15.5%)、80代が48例(43.6%)、70代が33例(30%)、60代が7例(6.4%)、50代が5例(4.5%)だった。100歳以上と40代から下の年齢層はいなかった。

・死亡例の中で、併存疾患を有した95例を解析したところ、慢性疾患で最多は2型糖尿病の25例(26%)、その次に高血圧症が22例(23%)、心房細動/心房粗動が9例(9%)と続いた。

・また、死亡例の喫煙歴を調べたところ、110例のうち喫煙歴「あり」*は40例、喫煙歴「なし」は41例、喫煙歴「不明」は29例だった。
*現在、非喫煙者でも過去に実績があれば「あり」とカウント

今回の調査には、全国の急性期医療を提供する419施設からの診療データベース(実患者数3,257万人、2020年7月末日集計)を用い、その診療データベースのうち402施設の約550万人を対象に、退院日が同年2月1日以降のCOVID-19死亡例を抽出した。なお、厚生労働省が公表した5月31日までの死亡者数は891例だった。

(ケアネット 土井 舞子)

参考文献・参考サイトはこちら
MDV:新型コロナウイルス感染症(COVID-19 )死亡事例 80歳代が最多、併発慢性疾患トップは2型糖尿病

引用元 : Care Net 日本人COVID-19死亡例、80代と2型糖尿病併存で最多
お申し込みはこちら