新型コロナウイルス
抗体判定キットでなにがわかるの?

Q 新型コロナウイルス抗体判定キットで何がわかるの?

新型コロナウイルス抗体判定キットでは、新型コロナウイルスに感染したことがあるか、ないか推定できます。
更に、当院が遠隔健康医療相談で用いる新型コロナウイルス抗体判定キットでは、遠隔健康医療相談シートと組み合わせることにより新型コロナウイルスに感染したのかあるいは過去に新型コロナウイルスに感染し、今は新型コロナウイルスに対して免疫がある状態なのかを推定することができます。

※キットだけの判断だと状況がわからない場合があります。お体の状況と組み合わせることによって状況を推定することができます。

Q 新型コロナウイルス抗体判定キットのしくみ

新型コロナウイルス抗体判定キットは血液中に、新型コロナウイルスのIgM抗体とIgG抗体があるかないかを妊娠検査薬に似たキットに血液を一滴垂らすことによって5分程度で判定する原理です。

IgM抗体
感染初期に出現し、早期に消えます。

IgG抗体
感染してから数週間後に出現し、ウイルスが体から消滅した後も血液中に存在し続けます。

※いつ消えるのかは今現在判明していません。

Q 新型コロナウイルス抗体判定キットの結果の読み方

キットの結果 症状がない場合 症状がある場合
ウイルスに感染した形跡が認められません。
※感染の超初期段階の場合にもこの結果になる場合があります。
インフルエンザなどの他の疾患の可能性があります。
感染の初期、あるいは、感染中期の状態です。
症状が無くても他人に感染させる恐れがあります。
症状が悪化する恐れがあります。
要経過観察です。
感染した形跡があるが、既に治癒しており、新型コロナウイルスに対する免疫が出来上がっている可能性が高い 新型コロナウイルスに対する免疫が出来上がっているが、まだまだ体内にウイルスが残っており予断を許さない。
Cの箇所に線が現れない場合は、エラーです。抗体判定が血液の状態などによりうまくいかなったと推測されます。  
お申し込みはこちら